--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-19

第一回「シャツ型の爪楊枝入れの作り方」

学生の頃、女の人なら、手紙を回して遊んだ記憶もあるのではないでしょうか?
その時にこんな折り方をした人も中にはいるのではないかと思います。

まさかそれが爪楊枝入れになるとは、私は考えもしませんでしたが…
しょぼーん


完成写真    完成写真2


ちょっとこんな感じで出してみると可愛くておしゃれですよねハート

作り方が気になる方は「続きから」より作り方を載せてありますので、是非作ってみて下さいねビックリマーク
●用意するもの……折り紙・1枚、はさみ、のり



手順1

1.まずは折り紙を一枚用意します。

手順2

2.それを二つ折りにしましょう。

手順3

3.二つ折りが出来ればそれを広げ、折り線にそって二つに切り離します。
ここで長方形になった折り紙が二枚になります。
とりあえず、一枚は横においておくなり、仕舞うなり、煮るなり、食べるなり、好きにして下さい。


手順4

4.切り離した折り紙を二つ折りにし、さらに細長い状態にします。

手順5

5.二つ折りにしたら、写真のように折り目側を数ミリ程度折り曲げます。

手順6  手順7

6.数ミリ程度折り曲げた部分はそのままに開いて下さい。
右側の写真と同じような形態になりましたか?
なっていれば大丈夫です。


手順8  手順9

7.次に片方を真ん中の折れ線に向かって折ります。

手順10

8.続いて反対側も同じように折ります。
折り線をつけることが出来れば手順7の部分の左側の写真と同じ状態。
両方開きもとの形状に戻して下さい。


手順11 手順12

9.どちらの方でも構いませんので、端を三角折りにして下さい。
反対側も同じように折り右側の写真の形状にして下さい。


手順13

10.出来上がった三角の部分を折り曲げます。
これは折り線をつけるために折るだけなので、折ったら開いて元の形状(上の写真の右側の状態)に戻しましょう。


手順14

11.半分に折ります。

手順15

12.手順7と8でつけた折線と手順10でつけた折線の交わる部分をめがけて斜めにはさみをいれて切ります。

手順16

13.切ったら開いて手順7にてつけた折線にそって折ります。
写真を同じ形状になりましたか?


手順17

14.左右に残ったびらびらの部分を仕舞いこむように、三角の外側の斜めの線にそって両方を折ります。

手順18 手順19

15.次に手順10でつけた折れ線にそっておりまげ反対に向ければ、右側の写真のようになります。シャツの袖部分が出来上がっていることがわかりますか?次はシャツの襟元を作っていきます。

手順20

16.下から数ミリの所で折ります。

手順21

17.再度くるりと折り返して下さい。手順16とあわせ合計2回折ったことになります。

手順22 手順23

18.裏返して両角を中心線に向けて折ります。ここで反転させてみるとこの部分が襟部分であることがなんとなく解ると思います。

手順24 手順25

19.次に襟元向かって半分より少し下の部分から折、襟の下に挟み込めばもう形は出来上がりましたね?此処までくれば後もう一息です。

手順26

20.両端にのりをつけます。
※この時全体にのりをつけると、爪楊枝が入らず泣くことになるので注意して下さい。

手順27完成です!

乾いたら首の所から爪楊枝をさして完成です!!此処までお疲れ様でした笑顔 ニコニコ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。